HOME 会社概要 社長プロフィール 作品実績 Films of Districts at A-bomb Hypocenter
   
 
   
社 名 株式会社 ナック映像センター

 〔株〕ナック映像センターは1975年、
広島地方初の映画製作会社として設立。
社名の由来 「KNACK/ナック」 は英語で、
熟練の技、卓越した技術、本物の仕事を意味する。
設 立 1975年4月
事業内容 現在創業40年を迎えるが、テレビ番組
「郷土再発見シリーズ」で実績を積み、
1998年から着手した記録映画
「爆心地復元シリーズ」は、史上初の取り組みとして、
国連をはじめ内外から高い評価を得る。

 これまでに「原爆ドーム」 「爆心地猿楽町」
「直下の細工町」 「爆心地/総集編」
「対岸の中島町/現、平和公園」 を手掛け、
被爆生存者や当時の住民の「証言」をもとに、
高度なCGを用いて「原爆で消えた町と暮らし」を
正確緻密に復元させた。

 現在、被爆70年事業として
「爆心地半径1キロ以内の復元」
〜知られざるヒロシマの真実、原爆の実態〜を
製作中である。 
代表取締役 田 邊 雅 章